年間行事 | 多賀神社*福岡県直方市

厄祓大祭(鎮魂神事)

厄年の人もそうでない人も、多賀神社に古くから伝わる独自の方法にて鎮魂厄祓をいたします。

令和6年1月6日(土)~1月15日(月)

※15日以降もお祓いできます。

祈願受付・・・午前9時~16時30分
※平日はできるだけご予約ください。
(地鎮祭、企業祭などで留守の場合があります)

大厄(男性)

  • 昭和39(1964)年生 60才
  • 昭和58(1983)年生 41才
  • 平成12(2000)年生 24才

大厄(女性)

  • 昭和63(1988)年生 36才
  • 平成4(1992)年生 32才
  • 平成18(2006)年生 18才

七五三祭

七五三は子供の成長を祝う大切な行事で、毎年11月15日に3歳・5歳・7歳の子供たちを祝うのが慣例です。
多賀神社では11月中、いつでも参拝できます。

夏越祭

夏越大祓

夏越の祭は、伊邪那岐の大神が、神代の昔になされた禊(みそぎ)祓(はらい)に起源するもので、日々の生活の中で知らず知らずの間に犯した過ちや罪・穢れを祓い清める神事です。

人形の使用法

人形には氏名・年齢を書いて、三度息を吹き掛けてください。
(但しご自身の罪穢を人形に移し、身体も心も洗浄にするお心で致します)
※人形は、社務所にございます。
※初穂料は、お志です。

茅の輪(ちのわ)くぐり

茅の輪をくぐり、清らかな心身に返り、この夏を健康で無事に越せますように願いましょう。

  1. 正面から茅の輪を左回りにくぐり正面に戻ります。
  2. 右回りにくぐり正面に戻ります。
  3. もう一度左回りにくぐり、そのまま神前に進みご参拝下さい。

御朱印

直方多賀神社 夏越祭 特別御朱印

七夕祭


祭典終了後

  • スイカ割
  • ヨーヨーつり
  • スーパーボールすくい 等

おとなの方、お子様の多数の参加お待ちしております。
初穂料 500円

授与品

桃子(もものみ)土鈴

3つの桃が赤い紐で結ばれている可愛らしい土鈴です。

夫婦せきれい

夫婦の鵠鵠くぐいを象かたどっており、夫婦円満・家内円満・長寿の御神徳にもなっています。

桃子(もものみ)飴

御朱印

桃子(もものみ)の図柄の可愛いオリジナルの御朱印帳と、御朱印袋があります。

初詣

直方城下町の鎮守として知られる「多賀(たが)神社」は、日本の国土を造り、八百万(やおよろず)の神々を生んだという、伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ ※男神)と伊邪那美大神(いざなみのおおかみ ※女神)の夫婦神を祀る神社です。

創建は不明ですが、古くは「日ノ少宮・日若宮」や「妙見大明神多賀大神」と称したこともあると伝わります。南北朝時代の正平年間(1346~70年)には、懐良親王(かねながしんのう)が、南朝方の武将・菊池武光から資材の献上を受け、社殿を改築したという記録も残っています。元禄4(1691)年に「多賀大神」と社号を改めました。

御神幸

直方多賀神社 御神幸


300年以上の歴史をもつ多賀神社の御神幸を今年の秋、30年ぶりに開催します。
数十本の提灯の灯りと笛、太鼓、笙による調べの中で、平安時代のいろとりどりの衣冠束帯姿や、江戸時代の武家の装束の行列が町中を練り歩きます。
全国的にも珍しい「御神馬錦蓋」「宮司揚輿」を是非ご覧ください。

秋季大祭(日若祭)

10月13日(金)・14日(土)・15日(日)

奉納行事

10月14日(土)

18:00より
無形民俗文化財日若踊り

10月15日(日)

10:00より
黒田藩伝承
双水執流組討腰之廻奉納演舞

 
12:00より
歌謡芸能祭

五穀豊穣や家内安全を祈願する秋の大祭です。江戸時代から伝わる「直方日若(ひわか)踊」が奉納されるため、「日若祭」とも呼ばれています。
祭当日は福引など、さまざまな行事が行われます。